憧れのタクシー運転手に転職するために必要なコト

レディ

求人を探す

タクシー運転手になるためには、まず情報サイトで求人探しを行なう必要があります。求人雑誌や、タクシーを主に扱うサイトを活用してもいいでしょう。自分に合う求人情報が欲しい場合は、キャリアアドバイザーと共に150社に及ぶ会社から転職先を探せます。

転職までの流れ

自分に合う求人が見つかった後は、履歴書で自分アピールを行ないます。これは会社側が応募者を採用するか否かを決める重要な判断基準になるため、読みやすく丁寧な字で書くよう心がけましょう。履歴書が完成したらいよいよ応募をして面接日を決定します。可能であれば、面接前に免許合宿で二種免許を取得しててもいいでしょう。研修後すぐ乗務できます。

転職後について

入社した時、他の従業員の前で自己紹介をしますが、挨拶の仕方で上司や先輩のハートを掴むことができます。例えば、一般的に使われる「一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」より「この人面白い人だな」と思わせる自己紹介の方が親しみが湧いてきます。また、入社後行われる新人研修も全力で行なってくださいね。入社早々にやる気を見せると自ら動いて学ぼうとする姿勢を評価してくれます。

面接で気を付けること

  • キャリアアドバイザーの元で練習する
  • 質問にはハキハキと答える
  • 長所と短所が言えるようにする
  • 退職理由を答える時は臨機応変に
  • 身だしなみに気を付ける

競争率は激しい?

全国的に見てもタクシー運転手の需要は、右肩上がりです。事実、多くのエリアで求人募集を見かけます。特に都市部は人手が足りず、会社で研修を実施したり、免許取得のサポートを行なったりなど力を入れています。

働くメリット

年収が高い

普通に働くよりも、タクシーの場合年収が500~600万円と非常に高いです。中には、それを超える収入の方もいます。都市部の場合、人を乗せることが多くあるのでこの点も、高収入に繋がっています。

勤務形態が魅力的

タクシー運転手の場合、昼、夜、隔日の三つに分類されます。昼は早朝から夕方まで、夜は夕方から常務して明け方に終了します。隔日は、昼と夜を合わせたもので勤務時間は大体19時間に及びます。昼に働いて夜はしっかり眠りたい場合は昼、がっつり稼ぐなら夜など、働き方を自分で決められるのがメリットです。

年齢を問わない

他の職種だったら、年齢制限があるので40代~60代になると中々採用されません。対するタクシー運転手は、どの求人も年齢不問としているため、70代で運転に支障がない場合も働くことができます。

長く働ける

一般企業だとある一定の年齢を超えると退職するのが決まりです。一方、タクシー業界の場合はそういった縛りがないため、安定した環境で仕事を続けられます。

[PR]タクシー運転手の求人情報を多数公開♪
専任スタッフが転職を徹底サポート☆

[PR]免許合宿のおすすめプランを厳選紹介
短期間で免許を取得しよう

広告募集中