タクシードライバーとして転職したい人必見の情報広場

離職率が多いが向いている人にはぴったり

高収入で且つ、やりがいを感じられるタクシードライバーですが、離職率は激しい職場でもあります。実際にやってみると向いていなかったり、他にやりたいことが見つかったりなど理由は様々です。しかし、ドライバーとしての素質があれば楽しく仕事ができる職種でしょう。

タクシードライバーに向いている人

自己管理を徹底できる

夕方から明け方にかけて運転することが多いタクシーは、自身の健康管理をしっかり行わないといけません。これは、安全運転をする側として当然のことでしょう。長時間の運転は、かなり負担が大きいので休みの日はどこもいかず、家で休養することが求められます。また、ストレスや疲れを解消するのが上手い人ほど、タクシードライバーに向いているでしょう。

相手への気配りができる

タクシードライバーの仕事は、お客さんを目的地まで届けることですが、乗客の数を増やすための努力も怠りません。例えば、お客さんが快適だなと思える空間づくりを心掛ける、挨拶を忘れないなどは必要ですよ。場の雰囲気を和ませたり、楽しく会話ができたりすると、タクシードライバーの素質ありです。

観察力が優れている

メーターの関係上、渋滞にはまると料金は上がる一方です。そのため、お客さんへの費用負担は高くなります。効率よく送迎するには、道路の込み具合と混む時間帯を事前に把握することが重要です。また、指定された場所までの最短ルートを熟知していると尚いいでしょう。この辺は観察力が問われる部分ですね。

運転が好き

休日は必ずドライブに出かけるという人は、タクシードライバーに向いているかもしれませんね。タクシードライバーの場合、長時間運転操作を行うので、好きじゃないと続きません。

タクシードライバーとして転職したい人必見の情報広場

運転手

気になる研修内容

入社後、会社のサポートにより二種免許の取得を2週間前後かけて行ないます。転職先が負担することもあれば給与から差し引かれることもあります。免許取得後、地域の地理を覚えて試験に挑みます。合格すると証明となる運転手登録証が得られます。次に行なうのが社内講習です。この時間は、タクシードライバーに必要なマナーを始め、コミュニケーションの取り方や乗客の獲得方法などの指導を行います。

タクシーについて

タクシーのメリットに魅せられて自分も転職したいと思った方も多いはず。転職の前に、タクシーの種類を見ておきたいですね。道路でよく見かける一般タクシーは、普通車、大型車、特定大型車の三種類に分類されます。車両は、日本を代表する大手自動車メーカーなので、走り心地抜群です。以前はMTでしたが、今はATが主流なので二種免許取得にそこまで苦労しません。また、普通免許を取得してから3年経過すれば取得できるので、転職者の中には20代と若い人もやってきます。

体験談を読む

タクシードライバーに転職したい場合に役立つのが実際に働いている人の声です。働き方や、環境、研修内容、仕事をして良かったこと、悪かったことなど様々な感想が見られます。タクシードライバーとはどのような職業なのかを知るには最適でしょう。

転職はお早めに

人手が足りない今だからこそ、タクシードライバーとして羽ばたくチャンスです。採用される確率が上がるので、一発で条件ぴったりの会社に入ることが可能ですよ。研修を真面目に受ければ誰でも素敵なドライバーになれます。

広告募集中